micrograph

顕微鏡写真ブログ

子供用の包丁の顕微鏡写真

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「子供用の包丁」を観察してみました。

 

観察対象

f:id:trial-and-error:20210823224137j:plain

家にある子ども用の包丁です。触れてもケガしにくい刃になっています。

かなり昔に買いましたがまだ同じ製品が売っていました。ベストセラーのようです。

 

f:id:trial-and-error:20210823224043j:plain

刃はこのようにギザギザです。

肉眼でほぼ見えてしまっていますが、顕微鏡で見てみます。

 

刃の顕微鏡写真

対物5倍

f:id:trial-and-error:20210823224056j:plain

刃が分厚いです。「切る」というか「削って」いるようですね。

 

対物10倍

f:id:trial-and-error:20210823224103j:plain

深度合成したら色収差というのでしょうか?それが激しく強調されてしまいまして、カラーではなくモノクロに変換しています。

 

対物20倍

f:id:trial-and-error:20210823224109j:plain

とても包丁に見えませんね。

 

印字部分の顕微鏡写真

包丁の腹に印字されている文字もついでに見てみました。

 

f:id:trial-and-error:20210823224050j:plain

MADE 「IN」 JAPANを見てみます。

 

対物5倍

f:id:trial-and-error:20210823224115j:plain

細い線で彫って印字しているんですね。

 

対物10倍

f:id:trial-and-error:20210823224123j:plain

彫っている向きまでなんとなく見えてきますね。

幅が太くなっているところが終点でしょうか・・・?

 

対物20倍

f:id:trial-and-error:20210823224129j:plain

刃よりもこっちのほうが面白かったです。