micrograph

顕微鏡写真ブログ

シャーペンの芯の顕微鏡写真

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「シャーペンの芯」を観察してみました。

 

シャー芯の製造工程はこちらのサイトがわかりやすかったです。

www.jwima.org

 

観察対象

f:id:trial-and-error:20210515074734j:plain
シャーペンの芯を抜いて撮影。0.5mmの芯です。

 

顕微鏡写真(対物5倍) 

f:id:trial-and-error:20210614010128j:plain

深度合成したら色がとってもイマイチになってしまい、白黒に変換しています。

見た感じは完全に「木の枝」ですね。

 

顕微鏡写真(対物10倍)

f:id:trial-and-error:20210614010134j:plain

拡大しても枝です。きれいな枝。

 

顕微鏡写真(対物20倍)

f:id:trial-and-error:20210614010140j:plain

さらに拡大すると・・・枝というか木の幹ですねー。
この細い溝は押出成型時にできるものでしょうか。溝が「入ってしまう」のか「あえて入れている」のか気になります。