micrograph

顕微鏡写真ブログ

印刷された商品パッケージ(ポリプロピレン)の顕微鏡写真

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「商品パッケージ」を観察してみました。

 

観察対象

f:id:trial-and-error:20210817084057j:plain

前に蒲焼さん太郎の中身を観察しましたが、今回は周りのパッケージ(フィルム)を見てみます。中身についてはこちらをどうぞ。

 

micrograph.jp

 

なぜ見ようと思ったのかといいますと、紙に対する印刷とこのようなプラスチック(ポリプロピレン)に対する印刷はどこか違うのかも?と思ったからです。

 

顕微鏡写真(対物5倍)

f:id:trial-and-error:20210817084109j:plain

これは・・・紙と一緒・・かな。
パッケージ右側の「うなぎの蒲焼(イメージ)」部分を観察しています。

 

顕微鏡写真(対物10倍)

f:id:trial-and-error:20210817084114j:plain

ここだけ見るとまったく蒲焼きの写真だとはわからないですね。

 

顕微鏡写真(対物20倍)

f:id:trial-and-error:20210817084103j:plain

ということで、紙でもプラスチックでも同じでしたね。点の集合で色を表現しているようです。

 

紙(雑誌)を観察したときの記事はこちら。よろしければどうぞ。 

micrograph.jp