micrograph

顕微鏡写真ブログ

エビの殻の顕微鏡写真

ご覧頂きありがとうございます。

今回は「エビの殻」を観察してみました。

 

観察対象

f:id:trial-and-error:20210720225447j:plain

エビの殻です。中身は食べてしまいました。

エビの種類はわからないのですが・・・バナメイエビかな?

ja.wikipedia.org

 

そして、エビの色がなぜ灰色から赤くなるかは・・・アスタキサンチンという色素(もともと赤色)がタンパク質と結合していて、熱を加えられると分離することで元の色と取り戻すんだとか。

さっぱりわからないですが、詳しくはぜひ調べてみてください。

 

エビの殻

顕微鏡写真(対物5倍)

f:id:trial-and-error:20210720225514j:plain

この赤いのがアスタキサンチンということになる・・のかな。

 

顕微鏡写真(対物10倍)

f:id:trial-and-error:20210720225522j:plain

花みたいでキレイですね。

 

顕微鏡写真(対物20倍)

f:id:trial-and-error:20210720225530j:plain

なんでこんな模様になるのか・・・不思議。

 

エビの尻尾

ついでに尻尾も見てみました。あまり変化がないので、こちらは透過照明(下から光を当てる)で撮影しています。

 

顕微鏡写真(対物5倍)

f:id:trial-and-error:20210720225433j:plain

尻尾の方が赤いのは、赤い色素が多いからなんですね。

 

顕微鏡写真(対物10倍)

f:id:trial-and-error:20210720225441j:plain

尻尾の中の水分も確認できます。

 

顕微鏡写真(対物20倍)

f:id:trial-and-error:20210720225454j:plain

殻と違って、尻尾は全体的にちょっと色がついている感じがします。

 

顕微鏡写真(対物40倍)

f:id:trial-and-error:20210720225501j:plain

ここからは普段使わない倍率なんですが、気になって見てみました。

 

顕微鏡写真(対物60倍)

f:id:trial-and-error:20210720225507j:plain

これが我が家の最大倍率、60倍の対物レンズで観察。