micrograph

顕微鏡写真ブログ

ステンレス製フォークの顕微鏡写真

ご覧頂きありがとうございます。

今回はステンレス製の「フォーク」を見てみました。

 

観察対象

f:id:trial-and-error:20210720082548j:plain

家にあった一番古いフォークを見てみました。無印で買ったやつだったかなー。

フォークの起源っていつだろう?と調べたら、似たようなものは大昔からあったようです。
現在の先が4本あって湾曲した形のものは18世紀のドイツで発明されたらしい。意外と最近。まだまだ進化するかもしれませんね。

詳しくはウィキペディアにて。

ja.wikipedia.org

 

f:id:trial-and-error:20210720082555j:plain

ウォーターマークとかぶってしまいましたが、micrographの「o」あたりを観察しています。同軸落射照明(上から光を当てる方法)で撮影。 

 

顕微鏡写真(対物5倍)

f:id:trial-and-error:20210720082607j:plain

縦線がもともと研磨された跡で、横方向のはキズですね。

 

顕微鏡写真(対物10倍)

f:id:trial-and-error:20210720082613j:plain

ふむふむ。

 

顕微鏡写真(対物20倍)

f:id:trial-and-error:20210720082601j:plain

キズをアップ。

隙間が洗いづらそうですが、汚れていませんね。